DVDでやってみよう!   


  ● はじめに
  
  ここではDVDのコピーの方法などを紹介していこうと思いますが、周知の通りDVDのコピー
 には著作権の問題が大きく関わってきます。
  私もネット内でいろいろ調べましたが、個人の使用範囲内でのコピーについてはいろいろ
 な解釈があり、なかなか難しい問題です。
  現行の法律では、個人の使用目的に限ってのコピーは認められていますが、コピーガー
 ドが掛かっている作品のコピーガード(著作権法では「技術的保護手段」と呼んでいる)を
 はずす行為は禁止されているとのことです。すなわちコピーするためにはコピーガードをは
 ずさないと出来ないから、コピーも出来ないということです。
  ところが、現在のDVDに使われているCSSというコピーガード技術は著作権法上での「技
 術的保護手段」には当てはまらない為、これをはずしてコピーをしても私的使用の範囲内な
 らば違法とは言えないという事でした。
 
  かなり専門的になりますが、時間的余裕のある方は是非こちらをお読みください。日経ク
 リックの2003年10月号に掲載された記事ですが、丁寧に書いてあります。
  http://xtc.bz/article/click2003-10dvd.html (直リンしていませんのでURLをコピー後
 ブラウザのアドレス欄に貼り付けてください。要するにコピペってことです。)
 
  しかし、レンタルのDVDをコピーするという事になるとまた違った問題も出てくるようで、ま
 たまたいろんな解釈があるようです。まぁ、コピーして取っておきたいほど気に入った作品な
 らば、今のDVDは昔のビデオみたいに15000円も18000円もせず、4〜6000円で買えるん
 だから買ったほうがいいんじゃないかな…と私は思います。
 
  それから、上記URLのサイトにも書いてありましたが、コピーをする時のDVDメディアは「V
 IDEO」の文字が入ったビデオモード対応のメディアを使いましょう。「Data」用のメディアと違
 い「VIDEO」用のメディアの価格には私的録画補償金が含まれています。と言っても量販店
 での価格にさほどの違いはありませんので(台湾製などの激安メディアを除く。DVDのコピー
 では激安メディアはエラーが出る危険性が高いので、使わないほうがいいと思います。)是
 非「VIDEO」用を使うようにしましょう。
 
  最後に、ここで紹介しているのはあくまでも個人の私的利用に限った「バックアップコピー」
 です。それ以外の目的によるコピーは違法となる場合がありますのでご注意下さい。
  なお、このサイトの記事を参考にコピーを実行された結果起こったいかなる問題、損害に
 対して私は一切の責任を負いませんので、すべての内容は皆様方の自己責任により実行
 して頂くようお願いいたします。
 
  前置きが長くなりましたが、下のリンクより先へお進み下さい。
 
 
 
 1.お気に入りのDVDのバックアップコピーを取る方法
 2.DVDのバックアップコピーをCDに取る方法



このコーナーについての質問、ご意見ご感想などは
Nonta までドシドシお寄せください。


Indexページへ戻ります       自作パソコン事始のトップに戻ります