1.お気に入りのDVDのバックアップコピーを取る方法

※必ずDVDでやってみようの「はじめに」をお読みください。

 
  現在映画などのビデオソフトとして使われているDVDには、片面1層のものと片面2層の
 ものがあります。片面1層のものはその名の通り片面のみ使用したもので、普通のDVD−
 Rなどと同じく4.7GBの容量を持っています。これに対し片面2層のものは、片面のみの使
 用は同じですが、その片面を2層化して、浅いところと深いところに2重に信号を記録するこ
 とで8.5GBほどの容量を持っているそうです。(RAMの両面9.4GBとは根本的に違います。)
 
  最近の映画などのソフトは片面2層で記録されているものがほとんどだと思いますが、こ
 れをコピー(ダビング)するとなると、DVD-R2枚に分けて焼くか、1枚に圧縮するかしかあり
 ません。動画の圧縮なんて難しそうだし時間もかかりそう…でも2枚に分けたら見てる時に
 途中でディスクを入れ替えなきゃならないし…と思っていたら、いい方法がありました。
 
  片面2層のDVDを1枚分まで圧縮してくれるソフトがあったんです。しかもフリーソフトで!
 (フリーソフトってことは、タダってことです!!)
  ここからはこのソフト「DVD Shrink」を使って「黄泉がえり」のバックアップコピーを取った
 時の模様を紹介しましょう。
 
  ●準備
  まず、「DVD Shrink」をダウンロードします。ここの「3.1.7Japanese」をクリックしてダウン
 ロードしてください。
       ※この「3.1.7Japanese」は対応OSがXP、2000、NTとなっています。
       ※Meや98系での動作については不明です。
 
  ※残念ながら現在は「DVD Shrink」の公式サイトからはこのソフトのダウンロードが出来なく
  (わかりにくく?)なっているようです。ここから最新バージョンの3.2がダウンロードできます。
  上のほうにある「Japanesedvdshrink32016_jp_setup.zip」をクリックして下さい。
   あとのインストール〜操作などの流れはさほど変わりないようですので、下記の3.1.7の記
   述を参考にして下さい。
 
  ダウンロードしたdvdshrink317_jp_setup.zipを解凍するとDVDShrink317_jp_setup.exe
 いうファイルが出てきますから、これをダブルクリックするとインストラーが立ち上がります。
  あとはメニューにそってインストールしてください。
 インストールが出来たら、簡単な設定を行いましょう。
 起動し、編集→各種設定をクリックします。
 
 初期設定はほとんどデフォルトのまま使って問題ないと思います。ただ、「ファイルI/Oタブ」の
 Neroを使用した書込みを有効にするというチェックボックスはチェックをはずしておいたほうが
 良いようです。(ライティングソフトにNeroをお使いで、エンコードに続いてそのままライティン
 グをするという方ならチェックを付けていても良いでしょう。)
 
 次の下準備として適当な名前のフォルダを作りその中に「AUDIO_TS」と「VIDEO_TS」という
 フォルダを作ります。(このときのAUDIO_TSVIDEO_TSは必ず半角大文字にして下さい。)
 私はわかりやすいようにDドライブの中に「DVD Shrink file」というフォルダを作りその中に
 「AUDIO_TS」「VIDEO_TS」を作りました。
 
  ●コピー
「黄泉がえり」のパッケージです。
先日TVでも放映されてましたが、ロングラン上
映という評判の上に阿蘇が舞台だというので
どんな映画か見たくて買っちゃいました。
 
パッケージの裏面を見ると(下の写真)2枚組
のDisc1が本編で、片面2層記録の126分、
Disc2はおまけの特典映像で片面1層記録の
124分ってことがわかります。
 
 まず、あたりまえのことですが、DVDドライブにDVDのディスクを入れます。
 念のために言っておきますが、コピーを取るためにはDVDへの書込みが必要になりますの
 で、DVD−Rなどに対応した書込みが出来るDVDドライブが必要です。DVD−ROMドライブ
 では書込みは出来ませんのでご注意ください。
 
 次にDVDプレーヤー(PowerDVDやWinDVDなど)で少しだけ(数秒間)再生し、DVDプレー
 ヤーを終了します。
 そしてDVD Shrink 3.1を起動させると下のようなウィンドウが開きますので、赤丸で囲った
 「ディスクを開く」をクリックします。
 
 するとこのようなダイアログボックスが現れるので、DVDのディスクが入ったドライブを選択し
 て「OK」をクリックします。
 
 DVDの分析が始まります。PCの能力にもよりますが、だいたい1〜2分程度で終わります。
 
 分析が終わるとこのような画面になります。デフォルトでは圧縮設定は「自動」になっていると
 思いますので、簡単に済ませたい方はこのまま「バックアップ」をクリックしましょう。
 
 圧縮設定を「非圧縮」に変えてみるとこのディスクには7761MBのデータが記録されて
 いることがわかります。DVD1枚に焼く時、緑の部分がDVD1枚の容量で、赤い部分が
 オーバーした部分です。圧縮設定を「カスタム」にすると圧縮率をメイン、特典などそれ
 ぞれで映像、音声など細かく手動設定することができます。
 
 「バックアップ」をクリックするとこのようなダイアログボックスが開きます。
 参照をクリックして圧縮したファイルの保存先フォルダを指定します。
 
 前もって作っておいた「AUDIO_TS」 「VIDEO_TS」の入っているフォルダを指定し「OK」をク
 リックします。(私の場合は「DVD Shrink file」フォルダになります。)
 
 次に「DVDリージョン」タブをクリックします。
 
 この画面では「リージョンフリー」か「2」のどちらかを指定します。
 他の数字を選択すると再生できなくなります。
 指定したら「OK」をクリックします。
 
 DVDのエンコードが始まります。1時間程度かかりますので、ゆっくり待ちましょう。
 
 私のPCではこのディスクのエンコードに65分かかりました。(私のPCのスペックは
 CPUがAMDのAthlon1.1GHz、メモリー256MB、HDD135GB。)
 
 あとはB'sなどお使いのDVDライティングソフトで焼くだけです。ただし、この時の注意点として
 「DVD Shrink file」フォルダの中の「AUDIO_TS」「VIDEO_TS」フォルダの2つをフォルダごと
 そのままコピーして焼いてください。「DVD Shrink file」フォルダごとは焼かないで下さい。
 
 これでバックアップDVDの出来上がりです。


Indexページへ戻ります        自作パソコン事始のトップに戻ります