海達公子 詩集

  なつぎく

小さくさいた
かばいろの
きくのにほひは
にがいなあ
   夕日

もうすこうしで
ちっこうの
さきにはいるお日さん
がたにひかって
まばゆい
まばゆい

(ちっこう…築港 がた…干潟)



 ごんげんさん

おほきなまつが
うんとある
ごんげんさんは
すずしいな
きらきらお日さん
てってても
ごんげんさんは
すずしいな
せみのおうたも
すずしいな



 すすき

さら さら すすき
お山のすすき
おててのばして
なにさがす
あおいお空に
なにさがす



  かぜ

くもまで
とどいた
おみやの
松の木
ざあざあ
ざあざあ
なっている



  お日さん

お山の上が
光り出した
お日さんの
上る道
あすこ
あすこ



  うき草

小さい 小さい
うき草
池いっぱいで
あゆべさう

(あゆべさう…歩いていけそう)



  夕方

なたねが
きいない
向ふの方に
人のせた馬が
ぼつぼつ通る

(きいない…黄色い)



 てふてふ

てふてふが
ひらひらとんできた
もちっと向ふへ
とんでいけ
あまちゃの花が
さいている
(てふてふ…蝶々)



 お日さん

しほのひきかけた
海で
お日さんが
およいでいる
つかまえやうとしたら
つかまえられんじゃった



  大雨

田の上を
雨のけむりが
走る 走る
向ふの山
ひとつも見えん



 ばら

まっかい
まっかい
ばらの花
目にはいって
いるうちに
目つぶって
母ちゃんに
見せにいこ



  学校

学校へきたら
たった一人であった
机たたいたら
教室一ぱいひびいた



  秋の朝

朝顔が 少ししか
咲かんやうになった
こほろぎが
どっかでないている
足にさはった夏水仙の花も
しぼんでいる

参考文献:海達公子遺稿詩集


わが街荒尾トップへ